直木賞に西條奈加さんの「心淋し川」

第164回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、直木賞に西條奈加さんの「心淋し川」が選ばれました。

直木賞の受賞が決まった西條奈加さんは北海道池田町出身の56歳。

専門学校を卒業したあと企業に勤め、平成17年に「金春屋ゴメス」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビューしました。

時代小説を中心に多くの作品を発表し、直木賞は今回、初めての候補での受賞となりました。

受賞作の「心淋し川」は今の東京 千駄木周辺にあたる江戸の片隅でどこか心にわだかまりを抱えながら暮らす人たちを主人公にした、6つの短編からなる連作の時代小説です。

登場人物が貧しい日々の生活の中で感じる喜びや悲しみ、そして人との出会いを通して前向きに生きていこうとする姿などが趣のある静かな文章で描かれています。