ワクチン接種 「対象者ごとのスケジュール示したい」 官房長官

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、加藤官房長官は午前の記者会見で、円滑な接種の実施に向けた体制の構築を急ぐとともに、今後、接種の優先順位別に対象者ごとのスケジュールを分かりやすい形で国民に示したいという考えを示しました。

この中で加藤官房長官は、ワクチン接種に向けた対応について「接種を円滑に実施するためには実務を担う自治体が記録の管理も含めて適切かつ円滑にオペレーションを実施できる体制を構築することが重要だ」と述べました。

そのうえで「自治体の内部業務でマイナンバーをIDとして活用する案を含めて検討がなされているが、マイナンバーカードそのものを使うことは想定していない。接種の時に国民にカードを持参していただくということは別の問題だと整理している」と述べました。

また、ワクチン接種のスケジュールに関連して「できるかぎり2月下旬までには医療従事者から接種を開始できるよう、自治体と協力しながら準備を進めている。現時点で具体的な日程を示す状況ではないが、今後、接種順位を踏まえた対象者ごとのスケジュールについて、分かりやすい形で国民にお伝えできるよう努力したい」と述べました。

さらに加藤官房長官は、ワクチンの輸送や接種に自衛隊を活用するかどうかについて「自衛隊の能力をどう生かすかについては自治体側のニーズを踏まえながら検討したい」と述べました。