“試験にすべらない” 鉄道車輪の滑り止めの砂を受験生に 静岡

高校受験を控える中学生に、静岡県内の私鉄、大井川鉄道が、機関車が坂を上る際に使う滑り止めの砂を「試験にすべらない」ためのお守りとして贈りました。

これは静岡県中部の山あいを走る大井川鉄道が、毎年この時期に沿線にある4つの中学校で行っています。

このうち島田市の金谷中学校には、19日、SLの運転士が訪れ、およそ160人の3年生に、機関車が坂を上る際に車輪が滑らないよう線路の上にまく砂を「試験にすべらない」ためのお守りとして贈りました。

あわせて護摩木も贈られ、生徒が願い事を書いたあと機関車の釜でたいて祈願成就を願うということです。

SLの運転士の坂下裕之さんは「試験で自分の力を存分に発揮できるよう、頑張ってください」と激励していました。

女子生徒は「とてもうれしいです。志望する学校に必ず合格できるよう励みます」と話していました。