2023年放送 NHK大河ドラマ「どうする家康」主演は松本潤さん

再来年、2023年に放送されるNHKの大河ドラマは、江戸幕府を開いた徳川家康を現代に通じるリーダーとして描く「どうする家康」に決まりました。主演は俳優の松本潤さんが務めます。

62作目となる再来年の大河ドラマ「どうする家康」は、戦国の世に生まれ、多くのピンチにも逃げずに答えを出し続けて乱世を終わらせた家康を、現代に通じるリーダーとして描いていくドラマです。

脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」や、NHKのドラマ「外事警察」などを手がけてきた古沢良太さんが担当し、徳川家康を俳優の松本潤さんが演じます。

松本さんは、去年のおおみそかで活動を休止した人気アイドルグループ「嵐」のメンバーで、大河ドラマに出演するのはこれが初めてです。
松本さんは動画でコメントを寄せ「新たなチャレンジで、どういうことができるかなと思っていたときに、このビッグチャレンジを提案していただいた。家康を圧倒的なカリスマという描き方ではなく、家臣たちと同じ目線でどうするかというのを一緒に作り上げていくドラマになると、よりたくさんの方に共感していただけるのではと思います」と話していました。

NHK大河ドラマ「どうする家康」は再来年、2023年の1月から1年間放送される予定です。