大城美佐子さん死去 84歳 沖縄民謡の代表的な歌い手

沖縄民謡の代表的な歌い手で沖縄を舞台にした映画にも数多く出演した大城美佐子さんが那覇市で亡くなりました。84歳でした。

大城さんは昭和11年に大阪で生まれたあと沖縄県の名護市辺野古で育ちました。20歳ごろから琉球古典音楽などを習い、その後、昭和37年にシングル「片思い」でデビューし、伸びやかな高音が人気を博しました。

なかでも嘉手苅林昌さんとのデュオは「名コンビ」として知られ、数々のライブやレコーディングを行って「沖縄民謡のレジェンド」として名をはせました。

また平成11年の「ナビィの恋」など沖縄を舞台とした映画にも出演し、その歌声は県外でも広く知られることとなりました。

関係者によりますと大城さんは18日朝、那覇市の自宅で亡くなっていたのが見つかったということです。84歳でした。