卓球 男子 及川瑞基が初優勝 森薗政崇に4対3 全日本選手権

卓球の全日本選手権は男女シングルスの決勝が行われ、男子ではともに初めての決勝進出となった及川瑞基選手と森薗政崇選手が対戦しました。
及川選手は、先に3ゲームを奪われてあとがなくなったところから3ゲームを連取して逆転し、ゲームカウント4対3で競り勝って、初優勝を果たしました。

及川「強い選手と戦って決勝まで来たので 自信を持って臨めた」

初優勝の及川瑞基選手は「リードをされる展開で試合中にナーバスになってしまう場面もあったが、決勝の舞台なので後悔しないようにと思って最後は思い切っていった」と試合を振り返りました。

そのうえで、張本智和選手などに勝って優勝したことについて「大会の中で強い選手と戦って決勝まで来たので、すごく自信を持って決勝にも臨めたと思う。今後は世界でもどんどん活躍していきたい」と話していました。

森薗「次に向け 切り替えて準備」

男子で準優勝だった森薗政崇選手は「今大会の個人的な目標はベスト4に入ることだったが、勝ち上がって行くにつれて欲が出ていた。最後は勝ちきることができなくて悔しい」と振り返りました。

そのうえで、「悔しいといえば悔しいが『卓球を長くやればいろいろな事があるよね』と割り切れている。ここまで卓球で上に来ることができたのは脇目を振らず、振り返らずやってきた結果だと思うので、次の試合に向けて今から切り替えて準備をしていきたい」と話していました。