アメリカ 香港警察当局者らに制裁 民主派前議員らの逮捕受け

香港の議会にあたる立法会の民主派の前議員ら50人以上が警察に逮捕されたことを受けて、アメリカのトランプ政権は、香港警察の当局者ら6人に制裁を科すと発表しました。

香港の警察は去年9月に予定されていた立法会の議員選挙に向けて民主派が実施した予備選挙に関連して、今月6日、国家の転覆をねらったとして香港国家安全維持法違反の疑いで民主派の前議員や区議会議員など50人以上を逮捕しました。

これについてポンペイオ国務長官は15日、声明を発表し、香港国家安全維持法に対抗して、トランプ大統領が去年署名した大統領令に基づき、香港警察の当局者や、中国政府の高官ら合わせて6人に対し、アメリカ国内の資産を凍結する制裁を科すことを明らかにしました。

声明でポンペイオ長官は「われわれは香港の自由と民主的プロセスを侵食する中国の行動を非難し、責任を取らせるため、あらゆる手段をとり続ける」として中国政府を強くけん制しました。

トランプ政権は同じ15日、対立が深まるイランの海運関連団体などを新たに制裁の対象としたほか、今週、テロ支援国家に指定したキューバに対する制裁の発動も発表しています。

トランプ政権としては来週、20日に新政権が発足するのを前に、中国やイラン、キューバに対する制裁を相次いで発動することで、バイデン新政権に強硬路線を維持させたいねらいがあるとみられます。