インドネシア M6.2の地震 8人死亡 約1万5000人が避難

インドネシアのスラウェシ島西部で現地時間の15日未明、マグニチュード6.2の地震があり、建物が倒壊するなどして、これまでに少なくとも8人が死亡、およそ1万5000人が避難を余儀なくされています。

インドネシアの防災当局によりますと、スラウェシ島の西スラウェシ州で現地時間の15日午前2時半ごろ、日本時間の午前3時半ごろ、マグニチュード6.2の地震がありました。

この地震による津波はありませんでした。

西スラウェシ州のマジェネでは、住宅などの建物が倒壊したり、大きく壊れたりしていて、これまでに少なくとも8人が死亡、637人がけがをし、およそ1万5000人が避難を余儀なくされています。

防災当局が公開した現地からの映像では、がれきの下敷きになっている女性が撮影者の問いかけに対し、「隣にいる女性もまだ生きていて、話もできている。身動きがとれない」などと話す様子が確認できます。

地元当局が住民たちの救助や避難所の設置を急いでいますが、周辺の複数の道路が寸断され、ほかの地域から救助隊が入るのが困難な状況だということです。

今回、大きな被害が出ているマジェネからおよそ500キロ離れた同じスラウェシ島の中部スラウェシ州では2018年に地震と津波が発生し、4000人以上が犠牲となっています。