尖閣沖 中国海警局の船 領海航行中に日本漁船に接近の動き

沖縄県の尖閣諸島の沖合で、日本の領海に侵入した中国海警局の船は14日午後4時すぎに領海から出ました。領海を航行中に日本の漁船に接近する動きを見せたということで、海上保安本部は警戒を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、14日午前7時すぎ、中国海警局の船1隻が尖閣諸島の大正島の沖合で、日本の領海に侵入しました。

船はおよそ9時間にわたって領海内を航行したあと、午後4時すぎに出ましたが、領海を航行中に日本の漁船に接近する動きを見せたということです。

午後4時半現在、この船は大正島の南およそ27キロの日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しているということです。

ほかの中国海警局の船3隻も接続水域を航行しているということで、海上保安本部が警戒を続けています。

中国海警局の船が領海に侵入したのは13日に続いてことし2回目です。