河井元法相裁判で現金受領の県議「もらってはいけないお金」

公職選挙法違反の罪に問われている河井克行元法務大臣の裁判で、広島県議会の砂原克規議員が50万円の受け取りを認め「もらってはいけないお金だと思った」と証言しました。

元法務大臣の河井克行被告(57)は、妻の案里被告(47)が初当選したおととしの参議院選挙をめぐって、公職選挙法違反の買収の罪に問われ、無罪を主張しています。
14日は広島県議会の山下智之議員が証人として出廷し、おととし4月に元大臣から30万円を受け取ったことを認め「元大臣が私の事務所に来たが、会いたくなかったので会わなかった。翌日、父から『河井が置いていった』と言われ白い封筒を渡された」と証言しました。

そのうえで「あまりつきあいもないので投票依頼だと思った。他に受け取った議員と2人で元大臣の秘書に返した」と述べました。
また、午後には広島県議会の砂原克規議員が出廷し、おととし5月と6月の2回、合わせて50万円を受け取ったと認めたうえで「選挙違反になるおそれがあり、もらってはいけないお金だと思った」と証言しました。
そのうえで、参議院選挙で自民党広島県連が溝手氏だけを支援したことについて「県連の役員会で河井夫妻の悪口が始まり、聞いていられなかった。嫌気がさしてどちらの応援もやめようと思った」と述べました。

また「案里議員の出陣式のときに陣中見舞いという形で返そうと思っていたが、選挙の雲行きがあやしくなってきて、河井事務所への出入り自体が批判を受けると思った。私が溝手氏を応援していないといううわさが流れていると聞いて、なおさら行けなくなった」と述べました。