ロッテ 石垣島でのキャンプを無観客で実施 新型コロナ対策

プロ野球・ロッテは、来月1日から沖縄の石垣島で行う春のキャンプについて地元自治体と協議した結果、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、観客を入れずに実施すると発表しました。

ロッテは、例年通り来月1日から石垣島にある石垣市中央運動公園で、1軍・2軍ともに春のキャンプを行うことになっています。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、球団と石垣市が協議した結果、キャンプを行う施設に観客を入れないことを決めたと発表しました。

プロ野球の12球団で、ことしの春のキャンプを無観客と決めたのは、ロッテが初めてです。

ロッテは13年前の平成20年から石垣島でキャンプを行っていますが、今回の発表について「苦渋の決断ではありましたが、安心安全を優先すると、この決断をせざるをえませんでした。ファンの皆さんには、メディアや球団のSNSを通じて発信していきます」とコメントしています。