卓球 伊藤美誠「実力を出し切りたい」全日本選手権 初戦を前に

大阪市で開かれている卓球の全日本選手権の女子シングルスで、2年ぶりの優勝を目指す伊藤美誠選手が15日の初戦を前に取材に応じ「目の前の1試合1試合で自分の実力を出し切りたい」と意気込みを話しました。

今月11日に始まった全日本選手権は15日、男女シングルスの4回戦が行われ、シード選手が初戦を迎えます。

シード選手のうち、東京オリンピックの代表に内定している伊藤選手は日本勢トップの世界ランキング3位で、女子シングルスで2年ぶりの優勝を目指します。

初戦を前に会場で取材に応じた伊藤選手は大会に向けて強化してきたことについて「私の持ち味はサーブとレシーブだが、海外の試合で中国の選手にラリーで負けていた。サーブとレシーブがいちばん大事だが、ラリーに持っていかれても大丈夫な自信をつけてきた。私らしいプレーに加えて、練習してきたことを出し切りたい」と話しました。

そのうえで「今回は1週間前まで開催されるか分からなかったが、私自身はあると信じて練習をしてきたので、開催されてうれしい。目標はもちろん優勝だが、目の前の1試合1試合で自分の実力を出し切って楽しんでいる姿を見てもらいたい。そうすることで、優勝に近づくと思う」と意気込みを話しました。

卓球の全日本選手権は今月17日まで行われます。