新手ヤミ金「給料ファクタリング」で違法利息13億円か 7人逮捕

給料を前もって債権として買い取り、現金を融通する「給料ファクタリング」と呼ばれる新手のヤミ金融を営んだとして、都内の会社役員ら7人が逮捕されました。
被害者の中には、感染拡大の影響で収入が減ったため利用した人もいるということで、警視庁はこれまでに13億円を超える違法な利息を得ていたとみて調べています。

逮捕されたのは、東京 新宿区の会社役員、足立慎吾容疑者(34)ら男女合わせて7人です。

警視庁によりますと、去年4月「七福神」の名称で無登録で貸金業を営み、都内に住む40代の会社員など12人に法律の上限の14倍から30倍にあたる金利で金を貸し付けたとして、出資法違反などの疑いが持たれています。

7人は給料を前もって債権として買い取り、手数料を差し引いた分の現金を融通する「給料ファクタリング」と呼ばれる新手のヤミ金融を営んでいたということで、被害者の中には「感染拡大の影響で収入が減ったため手を出してしまった」という人もいるということです。

警視庁は去年5月までの2年間に全国の延べおよそ10万人に50億円を貸し付け、13億円を超える違法な利息を得ていたとみて調べています。

調べに対し、足立容疑者は容疑を認め、ほかの6人は否認しているということです。