和牛など大量に仕入れだまし取った疑い 暴力団員ら逮捕 警視庁

代金を支払うつもりがないのに和牛などの食材を大量に仕入れてだまし取ったとして、取り込み詐欺グループとみられる暴力団員ら9人が逮捕されました。警視庁は被害額はおよそ6000万円に上るとみて調べています。

逮捕されたのは山口組系の暴力団員で、神奈川県伊勢原市の坂田宏樹容疑者(41)ら男9人です。

警視庁によりますと3年前の2018年、食品販売会社を装い、代金を支払うつもりがないのに東京と福岡の業者から和牛2頭分やさけなどの食材、合わせておよそ320万円分を仕入れてだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。

代金が支払われないまま連絡が取れなくなったことから被害が発覚したということです。

坂田容疑者らは各地の食品展示会に出向いて商談を持ちかけていたほか、都内に架空の事務所を設け、海外出張のスケジュールを書き込んだホワイトボードを設置するなどして取引先を信用させていたということです。

こうした手口は「取り込み詐欺」と呼ばれ、警視庁は9人が全国の10の業者からおよそ6000万円分の食材をだまし取り、市場の7割から8割ほどの価格で転売していたとみて調べています。

警視庁は9人の認否を明らかにしていません。