大相撲 初場所5日目の見どころ 大関 正代は平幕の宝富士と対戦

大相撲初場所は5日目、「角番」の場所で白星先行の大関 正代は平幕の宝富士と対戦します。

初場所は4日目を終えて、負け越せば大関から陥落する「角番」の2人の大関のうち、正代は3勝1敗と白星先行で、朝乃山も13日、星を五分に戻しました。

正代は5日目の14日、結びの一番で前頭2枚目の宝富士と対戦します。

過去の対戦は11勝3敗と正代が大きく勝ち越していて、前に出る圧力で攻めきれば、大関の優位は揺るぎません。

宝富士としては得意の左を差して四つに持ち込み、合い口の悪い相手になんとか勝機をうかがいたいところです。

13日、2勝目をあげた朝乃山は、大関経験のある平幕の栃ノ心との対戦です。

過去の対戦では朝乃山が4勝、栃ノ心が2勝でともに左の上手で攻める四つ相撲を得意としています。

角番の朝乃山としては、1つでも白星を積み上げたいところですが、栃ノ心も上手をつかむと力を発揮します。

がっぷりの攻防が予想されるなかどちらが先に左上手をつかむか、注目です。

「綱とり」の場所で初日から4連敗と苦しい土俵が続く大関 貴景勝は、前頭3枚目の琴勝峰の挑戦を受けます。

平幕では、三大関を破るなどここまで4連勝と好調の前頭筆頭 大栄翔は大関経験者の高安と対戦します。