飛び降りで女子大学生巻き添え 死亡の高校生を書類送検 大阪

去年、大阪・梅田の商業施設の屋上から男子高校生が飛び降り自殺を図り、巻き添えになった女子大学生も死亡した事故で、警察は、巻き添えにすることを予測できたとして死亡した高校生を重過失致死の疑いで書類送検しました。

去年10月、大阪・北区の阪急・大阪梅田駅近くの商業施設「HEP FIVE」の屋上から大阪府の17歳の男子高校生が飛び降りて自殺し、買い物に訪れていた兵庫県加古川市の大学生古川賀子さん(19)が巻き添えになって死亡しました。

警察が防犯カメラの映像などを調べたところ、男子高校生が1人で扉の鍵を開けて屋上に上がっていたことがわかり、飛び降り自殺を図ったとみられるということです。

また、事故の前に、SNSに自殺をほのめかすともとれる内容を書き込んでいたということです。

警察は、現場周辺は通行人が多く、飛び降りれば巻き添えにすることを予測できたとして13日、重過失致死の疑いで男子高校生を書類送検しました。