円相場 いくぶん値上がり

13日の東京外国為替市場、円相場はドルに対していくぶん値上がりしました。

午後5時時点の円相場は、12日と比べて47銭円高ドル安の1ドル=103円68銭から69銭でした。

ユーロに対しては、12日と比べて16銭円高ユーロ安の1ユーロ=126円52銭から56銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.2203から04ドルでした。

市場関係者は「このところアメリカの長期金利が上昇していたが、いったん落ち着いたことで日米の金利差の縮小が意識されドルを売って円を買う動きが見られた。14日にはFRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長も参加する討議が予定されており、発言の内容に注目が集まっている」と話しています。