サッカー「ゴン」中山 古巣J2ジュビロ磐田のコーチ就任決定

「ゴン」の愛称で親しまれているサッカー、元日本代表の中山雅史選手が、今シーズン、古巣のジュビロ磐田でコーチに就任することになりました。

これは13日、ジュビロが発表しました。

「ゴン」の愛称で親しまれる中山選手は、静岡県藤枝市出身の53歳。

ジュビロで長くエースストライカーとしてプレーし、J1では通算157得点をマークして3回のリーグ優勝に貢献しました。

日本代表としても53試合に出場し21点をあげ、特に日本が初めて出場した1998年のワールドカップフランス大会のジャマイカ戦では、日本の初ゴールを決めました。

その後、ひざの故障などもあって2012年に1度引退しましたが、3年後に当時JFL=日本フットボールリーグに所属し、現在はJ3となっているアスルクラロ沼津で現役に復帰していました。

中山選手は「J1昇格に向けて鈴木監督を全力でサポートしていきます」とコメントしています。

一方「現役選手のトレーニングをひとまずやめて、ジュビロのコーチとして活動することを決めました。また、いつか沼津に戻ることがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします」ともコメントしています。