雪に埋まり男性死亡 除雪中に落雪に巻き込まれたか 秋田 大仙

秋田県大仙市の住宅の軒下で、この家に住む67歳の男性が雪に埋まっているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。
警察は、除雪作業中に屋根から落ちた雪に巻き込まれたものと見て、調べています。

警察によりますと、13日午前8時ごろ、大仙市上野田の自営業、須田一巳さん(67)が、自宅の軒下で雪に埋まっているのを家族が見つけました。

家族が消防に通報し、須田さんは市内の病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

警察が家族に話を聞いたところ、須田さんは13日午前5時半ごろから長男と2人で自宅の敷地内で除雪作業をして、午前7時前からは、1人で作業を続けていたということです。

見つかった場所の付近は、屋根の雪がなくなっていたということで、警察は1人で除雪作業をしている時に屋根からの落雪に巻き込まれたものと見て、詳しい状況を調べています。

秋田県によりますと、県内では今シーズンは雪下ろしや除雪作業中の事故などが相次ぎ、13日午後3時現在で12人が死亡しています。

このうち半数の6人が落雪やその疑いがある事故で死亡していて、この10年間ですでに最も多くなっています。