KDDI 20ギガ月額2480円の新料金プラン発表 大手3社 実質横並び

KDDIはデータの使用量が20ギガバイトで、月額2480円の新たな料金プランを導入すると正式に発表しました。5分以内の国内通話の料金を加えた場合、先に発表したNTTドコモやソフトバンクと同じ水準となり、大手3社が実質的に横並びとなる形になりました。

KDDIは13日、主力のauで「povo」と名付けた新たな料金プランを導入すると発表しました。

データ使用量が20ギガバイトで月額2480円を基本として、利用者が使い方に応じて、さまざまなサービスをより手軽に追加したり外したりできるようにしたということです。

例えば1回当たり5分以内の国内通話がかけ放題となるサービスを追加する場合は月額500円が加算され、先に新プランを発表したドコモやソフトバンクと同じ料金水準となります。

申し込みなどの手続きをオンライン専用として、ことし3月から提供を開始し、ことし夏以降には新たな通信規格の5Gにも対応するということです。

KDDIの高橋誠社長はオンラインの記者会見で「思い切って出した料金プランで、業績への影響はあると思うが下げられるコストを下げて頑張っていく」と述べました。

政府の要請に応じて、大手3社が値下げに踏み切りましたが、焦点となった20ギガバイトでは、実質的に横並びとなる形になりました。

官房長官「納得感のある料金やサービスを期待」

加藤官房長官は、記者会見で「菅総理大臣が、先の臨時国会の所信表明演説で述べた料金の引き下げに向けた改革の成果があらわれつつあると認識しており、利用者にとっても望ましいと考えている。各事業者が、それぞれの創意工夫のもと、切さたく磨することで、結果として、利用者にとって、安くて、わかりやすく、納得感のある料金やサービスが早期に実現されることを期待したい」と述べました。

大容量もほぼ横並び

KDDIは大容量プランの値下げも発表しました。

auで提供しているデータ使用量が無制限のプランについてことし3月に5G向けは2070円、4G向けは1070円値下げして、いずれも月額6580円とします。

一方、ほかの大手は去年12月に大容量の値下げを発表していて、NTTドコモは5G向けがデータ使用量が無制限で6650円、4G向けが60ギガバイトで6550円としています。

ソフトバンクは5G向けと4G向けのいずれもデータ使用量が無制限で6580円とし、大容量の料金プランでも大手3社がほぼ横並びとなる形です。

このほか、楽天が5Gと4Gいずれもデータ使用量が無制限で月額2980円のプランを掲げています。

UQモバイルのプラン見直し

KDDIはauとは別に展開する「UQモバイル」の料金プランの見直しを発表しました。

UQモバイルでは、去年10月の時点で20ギガバイトで月額3980円とする料金プランを、ことし2月以降に導入するとしていました。

しかし、NTTドコモが同じ20ギガバイトで1000円安いプランを打ち出したことなどから、発表済みのプランを見直しました。

新たなプランは、データの使用量を25ギガバイトに増やし月額3480円として、来月から提供を始めます。

あわせて、3ギガバイトのプランは500円値下げして月額1480円に、10ギガバイトのプランを15ギガバイトに増やした上で同じく500円値下げして月額2480円にします。

いずれも別途、通話料はかかりますが、それぞれの月でデータ使用量が余った分は翌月に繰り越せるようにするということです。

ただし、5Gに対応した料金はことしの夏までにあらためて検討するとしています。