横浜の建築設計会社経営者を脱税の疑いで告発

横浜市にあった建築設計会社の実質的な経営者が、売り上げを別の法人名義の口座に隠し、4000万円余りを脱税した疑いで東京国税局から告発されました。

告発されたのは、すでに解散した横浜市の建築設計会社、「デザインテクノス横浜」の伊藤厚経営者(57)です。

関係者によりますと、この会社は大手不動産会社から顧客の紹介を受けて業務を拡大していましたが、売り上げを別の法人名義の口座に隠し、確定申告を行わなかった疑いがあるということです。

東京国税局査察部は、おととしまでの3年間におよそ1億7900万円の所得を隠し、法人税4200万円を脱税した疑いで横浜地方検察庁に告発しました。

伊藤経営者は、不正に得た資金を高級外車やブランド品、時計の購入などにあて、多いときには月に500万円ほど使っていたということです。

NHKの取材に対し、伊藤経営者は「国税局の指導に従い、納税も済ませました。指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後は適正な申告納税をしていく所存です」としています。