スノーボードW杯 女子パラレル回転 三木つばきは14位

スノーボードのワールドカップが12日、オーストリアで開かれ女子パラレル回転で、三木つばき選手が上位16人による決勝トーナメントに進みましたが、スイスの選手に敗れ14位でした。

このほかの日本勢は、竹内智香選手が33位、男子パラレル回転で神野慎之助選手が37位となっています。

優勝は男子がイタリアのアーロン・マルヒ選手、女子はロシアのソフィア・ナディルシナ選手でした。