パナマ船籍貨物船が浸水 宮古島の南東沖 乗組員22人救助待つ

13日朝早く、沖縄県の南の太平洋を航行するパナマ船籍の貨物船から「浸水が発生し沈没するおそれがある」と連絡があり、海上保安本部が救助に向かっています。乗組員は中国人とバングラデシュ人の合わせて22人で、けが人は確認されていないということです。

第11管区海上保安本部によりますと13日午前4時ごろ、沖縄県の宮古島の南東およそ750キロの太平洋を航行する貨物船から「機関室で浸水が発生した。沈没するおそれがある」と救助を求める連絡があったということです。

貨物船は1万3880トンのパナマ船籍で、パプアニューギニアから中国に木材を運んでいて、乗組員は中国人14人とバングラデシュ人8人の合わせて22人だということです。

海上保安本部の航空機が上空から現場を確認したところ、貨物船は船体が傾いているものの、すぐに沈没する様子はなく、乗組員は全員、甲板に上がって救助を待っていて、これまでにけが人は確認されていないということです。

海上保安本部の巡視船が救助に向かっています。