米国連大使 台湾訪問中止 1971年の国連脱退以来初の訪問ならず

アメリカの国務省は、13日から予定されていたクラフト国連大使の台湾訪問について、来週の新政権の発足に向けた準備を進めるためとして、中止することを明らかにしました。

アメリカ国務省のオータガス報道官は12日、声明を発表し、今週、予定されていたすべての公式訪問を中止すると明らかにしました。

その理由について、新政権の国務省の高官が議会で承認されるまで、代理を務める職員を選定するなど、政権発足に向けた準備を進めるためとしています。

このうち、クラフト国連大使は今月13日から15日までの日程で台湾を訪問する予定でしたが、国連代表部によりますとこの訪問も中止になったということです。

現職のアメリカの国連大使が台湾を訪問すれば1971年に台湾が国連を脱退して以来初めてとなることから、高い関心を集めていました。