ゴーン元会長の事情聴取延期 新型コロナ拡大の影響 仏司法当局

中東のレバノンに逃亡中の日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン容疑者に対し、フランスの司法当局は自動車メーカー、ルノーの資金を流用したなどとする疑惑をめぐって今月中旬からレバノンで事情聴取する予定でしたが、現地での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となりました。

フランスの司法当局はカルロス・ゴーン元会長が、経営トップを務めていたルノーの資金を流用したなどの疑いがあるとして「予審手続き」を進めています。

この手続きは、重大な事件で検察の請求に基づき裁判所の予審判事が関係者から事情を聴くなどして証拠を集め、裁判にかけるかどうか審査する制度で、事件を担当する予審判事はレバノンに入り、今月18日から5日間にわたって現地で元会長本人に事情聴取する予定でした。

しかし、ゴーン元会長の弁護士などによりますと、レバノンでは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて入国制限などの措置がとられることになったため、事情聴取は延期されました。

新たな日付は決まっていないということですが、感染状況を踏まえ、今後、日程を再び調整するものと見られます。