養鶏場のニワトリから鳥インフル検出 鹿児島 さつま町

鹿児島県さつま町にある養鶏場で多数のニワトリが死んでいるのが見つかり、検査の結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
鹿児島県内の養鶏場で確認されたのは平成23年以来で、県は13日朝からこの養鶏場で飼育されている3万2000羽あまりの処分を始めています。

鹿児島県によりますと、12日、さつま町の養鶏場でニワトリが多数死んでいるのが見つかり、県が遺伝子検査を行って詳しく調べたところ、13日朝早く、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受け、県は13日朝からこの養鶏場で飼育するニワトリ3万2000羽余りの処分を始めています。

また、県はこの養鶏場を中心に半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」にそれぞれ指定し、周辺の幹線道路を通る畜産用の車両の消毒を行うことにしています。

鹿児島県内の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたのは平成23年以来です。