Jリーグ 昨季MVPのオルンガ カタール1部に移籍

サッカーJ1で昨シーズン、最優秀選手賞と得点王に輝いた柏レイソルのオルンガ選手がカタール1部リーグのクラブに移籍することが決まりました。

これは13日、レイソルが発表したもので、オルンガ選手はカタール1部のアルドハイルへの移籍が決まったということです。

オルンガ選手はケニア出身の26歳。

1メートル93センチ、85キロの体格を生かしたフィジカルの強さに加え、スピードや足元のテクニックにも優れたフォワードで、3年前の2018年、レイソルに加入しました。

チームがJ2だったおととしのシーズンは27得点をマークしてJ1昇格に大きく貢献し、最終節の京都サンガ戦では1試合に8点を奪って、注目を集めました。

そして、昨シーズンはJ1で28点をマークし、ランキング2位の選手と10点差をつけて得点王に輝いたほか、Jリーグの最優秀選手に選ばれました。

オルンガ選手は「ファンの皆様の今までのサポートに心から感謝したい。レイソルというすばらしいクラブで在籍した期間は本当に楽しく過ごすことができた。将来いつかまた、この美しいクラブでプレーできることを願っています」とコメントしています。

また、2018年のワールドカップロシア大会の日本代表で25歳のゴールキーパー、中村航輔選手がポルトガル1部リーグのポルティモネンセに移籍することも合わせて発表されました。