富山 氷見 大雪による孤立状態はすべて解消

富山県氷見市では今回の記録的な大雪によって一部の地域が孤立状態となりましたが、13日午前0時までにすべての世帯で孤立は解消されました。

富山県氷見市では、今月10日以降、大雪による倒木などの影響で山あいの6つの地区であわせておよそ120世帯が一時、孤立状態になりました。

富山県や氷見市が倒木の撤去や除雪作業を進めた結果、孤立は順次、解消され最後まで残っていた老谷地区の12世帯29人についても13日午前0時までに解消されました。

市が孤立した地区で安否や体調の確認を行ったところ、これまでに体調不良などを訴える人はいないということです。