震災26年 17日に灯籠で「がんばろう」の文字 コロナ禍の世界に

阪神・淡路大震災から26年となる今月17日に神戸市で開かれる追悼のつどいで、灯籠を「がんばろう」という文字の形に並べることが決まりました。
実行委員会は、震災復興の原動力となったこのことばを、コロナ禍で苦難にあえぐ世界に発信したいとしています。

神戸市中央区の東遊園地では、震災が発生した1月17日に、灯籠に明かりをともし、犠牲者を追悼するつどいが毎年開かれています。

灯籠は「1.17」の形のほか、5年前からは一般から公募した文字の形に並べられていて、ことしは「がんばろう」ということばが選ばれました。

実行委員会は、新型コロナウイルスの影響で多くの人が不安を抱えて過ごす今の状態を26年前と重ね、復興の合言葉となった「がんばろう」ということばで、こころを1つに苦難を乗り越えようというメッセージを、神戸から世界に発信したいとしています。

一方、ことしは緊急事態宣言下でのつどいとなる可能性があるとして、実行委員会は密を避けるため、前日の午後5時46分から灯籠に明かりをともし始めることを決め、分散して来場してほしいと呼びかけています。

実行委員長の藤本真一さんは、「つどいに来ることだけが祈りの形ではないので、来られない人もそれぞれの場所で祈り、思いを寄せてほしいです」と話しています。