海上保安庁の抗議に韓国外務省が反論 測量船の調査活動

日本の排他的経済水域の長崎県の沖合で、海上保安庁の測量船が、韓国海洋警察庁の船から調査の中止を要求され、日本側が抗議したことについて、韓国外務省は、調査の中止を求めるのは正当だと反論しました。

海上保安庁によりますと11日、海上保安庁の測量船「昭洋」が、日本の排他的経済水域の長崎県の五島列島の女島の西140キロ付近で調査していたところ、韓国海洋警察庁の船から無線で調査を中止するよう要求されました。

海上保安庁は、「日本の排他的経済水域で、正当な調査活動をしている。直ちに中止要求をやめるとともに本船から離れなさい」と回答し、外務省を通じて韓国に抗議をしました。

韓国外務省の報道官は、12日午後の定例会見で、これについて問われると、「日本側の船舶による調査活動の位置は、韓国側の排他的経済水域だと把握している」と述べました。

また、「韓国政府は、国際法や関連の法令にもとづいて、正当な法執行活動を行っている」と述べ、日本側に反論しました。