プロ野球 巨人 中軸担う丸 自主トレーニングを公開

プロ野球・巨人で中軸を担う丸佳浩選手が自主トレーニングの様子を公開し「少しでも自分の仕事をする中で日本一に貢献したい」と意気込みを示しました。

丸選手は広島から巨人に移籍して2年目の昨シーズン、中軸としてチームで唯一、全試合に出場し打率2割8分4厘、ホームランはリーグ4位の27本をマークしてリーグ連覇に貢献しました。

丸選手は12日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレーニングの様子を公開し、ウォーミングアップやキャッチボールをしたあと、遅いボールをフォームを確かめながら打ち込んでいました。

丸選手は「速い球で練習するとフォームを固めることが難しいので、緩い球を自分の間合いで打って自分の形を少しずつなじませている」と練習のねらいを説明しました。

また例年よりも強度を上げてウエイトトレーニングを行っているということで「しっかりとキャンプができるようにウエイト中心に体を動かしていきたい」と話しました。
そして今シーズンに向けて「全試合に出続けることは自分の中でモチベーションの1つなのでこの時期はそのためにけがをしない体を作らないといけない。チーム全員が日本一に向かって進む気持ちで僕も当然その気持ちだ。少しでも自分の仕事をする中で日本一に貢献したい」と意気込みを示しました。