養鶏場で複数のニワトリ死ぬ 鳥インフルか 鹿児島 さつま町

鹿児島県によりますと12日、さつま町の養鶏場で複数のニワトリが死んでいるという連絡があり、県が簡易検査を行ったところ、鳥インフルエンザの陽性が確認されたということです。

県は遺伝子検査を行って詳しく調べていて、結果は12日夜遅くにも判明する見通しです。

県は12日夕方、対策本部会議を開いて陽性だった場合の対応などについて協議することにしています。