KDDI 20ギガ月額2480円の新料金プラン導入へ 価格競争激しく

KDDIは、データの使用量が20ギガバイトで月額2480円の新しい料金プランを導入する方針を固めました。政府の値下げ要請を受けて、NTTドコモとソフトバンクは同じ20ギガバイトで月額2980円の料金プランを導入することを明らかにしていて、大手どうしの価格競争が激しくなってきました。

関係者によりますと、KDDIは主力のauに20ギガバイトで月額2480円の新たな料金プランを導入する方針を固めました。

この金額に、音声通話や追加でデータを使用する料金を加え、利用者の使い方に応じて実際の料金を設定できるようにするということです。

4Gだけでなく新しい通信規格の5Gにも対応し、申し込みなどの手続きをオンライン専用にするということで、さらに大容量の料金プランの値下げと併せてあす正式に発表することにしています。

携帯電話料金をめぐっては政府の値下げ要請に対して、NTTドコモやソフトバンクも20ギガバイトで月額2980円の料金プランや大容量プランの値下げを明らかにしていて、大手どうしの価格競争が激しくなってきました。