愛知・岐阜 緊急事態宣言発出を国に要請

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県と岐阜県は、国に対して、愛知・岐阜の両県を対象に速やかに緊急事態宣言を出すよう要請しました。

愛知県の大村知事と岐阜県の古田知事は、12日午後、三重県も含めた3県の知事によるオンライン会議を開き、国に対して、愛知・岐阜の両県を対象に速やかに特別措置法に基づく緊急事態宣言を出すよう要請することを確認しました。

このあと、3県の知事が西村経済再生担当大臣とオンラインで会談し、愛知・岐阜の両県に速やかに緊急事態宣言を出すよう要請しました。

大村知事は、記者会見で「緊急事態宣言の発出については、今月6日から日々西村大臣と連絡をとりあう中で事実上、要請してきたが、改めて3県の知事で状況を伝えて意見交換し、特に愛知県と岐阜県が厳しい状況にあるということで国とは危機感を共有できた」と述べました。

そのうえで「西村大臣からは『専門家の意見を聞いたうえで適切に判断したい』と発言があった」と説明しました。