プロ野球キャンプ 感染症専門家から現時点では実施可の見解

プロ野球とサッカーJリーグによる新型コロナウイルスの対策連絡会議が開かれ、来月1日から始まるプロ野球の春のキャンプについて専門家からは、地元自治体の意向を尊重するのが重要だとしたうえで、現時点では予定どおり実施できるとする見解が示されました。

12日の対策連絡会議では首都圏の1都3県に緊急事態宣言が出される中、来月1日からプロ野球の12球団が、沖縄県や宮崎県などで春のキャンプを予定していることについて、感染症の専門家から意見を聞きました。

専門家からは、キャンプ地の感染状況や医療体制などを確認し地元自治体の意向を尊重するのが重要だとしたうえで、現時点では予定どおり実施できるとする見解が示されました。

また、キャンプ期間中のチーム関係者へのPCR検査は、1週間に1回程度は必要だという指摘も出されたということです。

会議後の会見で東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「受け入れ側が難しいということであれば避けるべきだが、現時点では感染状況を見据えながら地域の自治体とこまやかに連絡をとったうえで実施していただきたい」と話しました。
愛知医科大学大学院の三鴨廣繁教授は「シーズンを考えるとキャンプはこの時期しかない。基本的にはキャンプを延期する策はほとんど考えず、いかに安全にやるかを議論した」と話していました。
そしてプロ野球の斉藤惇コミッショナーは「自治体とよく話をしながら、2月1日から粛々とどうやってやるか知恵を出しあっている。よほどのことがないかぎり、これをキャンセルしたり延ばしたりということは考えられない」と予定どおりキャンプは実施できるとする考えを改めて示しました。