朝鮮労働党大会続く 軍事パレードの報道なし 北朝鮮

北朝鮮の国営メディアは、朝鮮労働党の党大会で軍事や経済など部門ごとの協議会が開かれたと伝えました。一方、韓国軍は11日、北朝鮮が軍事パレードを実施した動きをつかんだと発表しましたが、これまでのところ軍事パレードの実施は伝えられていません。

12日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、今月5日に始まった党大会について、11日は軍事や経済など部門ごとの協議会が開かれたと伝えました。

今回の党大会で、総書記に選出されたキム・ジョンウン(金正恩)氏の動静は伝えていません。

党大会をめぐり韓国軍は11日、北朝鮮が10日の夜に軍事パレードを実施した動きをつかみ、予行演習だった可能性も含めて確認を進めていると発表しましたが、これまでのところ軍事パレードの実施は伝えられていません。

韓国軍は12日午前の会見では「関連の動向を監視している」と述べるにとどまりました。

一方、「労働新聞」は、党や軍に貢献した人たちに党大会の記念行事への招待状が送られたと伝え、記念行事を開催することを明らかにしました。

記念行事がいつ、どのような形で開催されるのかは明らかになっていませんが、韓国の通信社、連合ニュースなど一部のメディアは、今後、軍や市民によるパレードが行われる可能性があると伝えています。