千葉 いすみで再び鳥インフル 114万羽余の殺処分進む

千葉県いすみ市の養鶏場でこの冬、県内で2例目となる鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県と自衛隊はニワトリ114万羽の殺処分を進めています。相次ぐウイルスの検出で県内の採卵用のニワトリのおよそ2割が殺処分されることになりました。

11日、千葉県いすみ市の養鶏場のニワトリから、高病原性の「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県と災害派遣要請を受けた自衛隊は、この養鶏場で飼育されている114万羽余りの殺処分を24時間態勢で進めています。

12日午後2時までに全体のおよそ12.6%、14万4000羽余りが殺処分されたということです。

一方、半径3キロ以内にある別の養鶏場のニワトリは、遺伝子検査の結果、陰性だったことが判明したということです。

千葉県内では先月下旬、同じいすみ市内の近くの養鶏場で鳥インフルエンザが確認され、今月末には110万羽余りのニワトリを埋めるなどの防疫措置が完了する見通しでした。

今回再度、大規模な殺処分が必要となったことで、2つの養鶏場で防疫措置などがいつ終わるのか、めどは立っていないということです。

千葉県は鶏卵の産出額が全国2位で、おととし2月時点で採卵用のニワトリが1200万羽余り飼われていますが、今回、2つの養鶏場でウイルスが検出され、およそ2割が殺処分されることになりました。