日経平均株価 小幅に値上がり

連休明けの12日の東京株式市場、日経平均株価は小幅に値上がりしています。

日経平均株価、午前の終値は、先週末の終値より47円72銭、高い、2万8186円75銭。

一方、東証株価指数=トピックスは、0.94、下がって、1854.00、午前の出来高は7億835万株でした。

市場関係者は「アメリカ政治の混乱などから日経平均株価は一時、200円を超える値下がりとなったが、その後は半導体や医薬品などコロナ禍にあっても業績が堅調な銘柄を中心に買い注文が広がった」と話しています。