西~北日本 太平洋側 山沿い中心に雪 近畿など平地で積雪も

低気圧や寒気の影響で、西日本から北日本にかけての太平洋側では、山沿いを中心に雪が降り、近畿などでは平地でも積もっているところがあります。12日夕方にかけて、東海や関東甲信などを中心に断続的に雪が降る見込みで、交通への影響などに注意が必要です。

気象庁によりますと、本州の南海上と、関東の東海上にある低気圧が、それぞれ東へ進み、上空には寒気が流れ込んでいることから、北日本から西日本にかけての太平洋側で雪が降っています。

この時間は東北の太平洋側や甲信地方で強まっていて、午後1時の積雪
▽岩手県大船渡市で14センチ
▽長野県飯田市で7センチ
▽仙台市で6センチ
▽福島市で3センチなどとなっています。

また、東京の都心でも午前11時50ごろ、初雪が観測されました。

東京の都心の初雪は、平年より9日、昨シーズンより8日、いずれも遅くなっています。

近畿の平地でも雪が降り大阪市では12日朝、うっすらと雪が積もっているのが観測されたほか、奈良市では午後1時の積雪が1センチとなっています。

東海や関東甲信では、12日夕方にかけて山沿いを中心に雪が降り、ところによって平地でも積もるおそれがあります。

13日昼までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで
▽岐阜県の山沿いで20センチ
▽関東北部の山沿いで8センチ
▽甲信で7センチなどと予想されています。

一方、気象庁は11日の時点で積雪を予想していた東京23区では、寒気がそれほど強まらなかったことなどから、積雪とならない見込みになったとしています。

気象庁は、積雪や路面の凍結による交通への影響や、電線や樹木への着雪などに注意するよう呼びかけています。

また、11日にかけて記録的な大雪となった新潟県や北陸では各地で積雪の深さが平年の2倍から5倍以上に達しています。

雨が降るところも多いため、屋根からの落雪や雪崩のおそれもあります。

引き続き、除雪作業中の事故には十分な注意が必要です。

記録的な大雪で通勤や通学に影響

記録的な大雪となった新潟市では連休明けの12日、路線バスが遅れるなど通勤や通学に影響が出たほか、社員総出で会社周辺の除雪作業にあたる様子もみられました。

JR新潟駅前の歩道は、これまでに降り積もった雪で幅が狭くなったうえところどころが凍り、通勤や通学をする人たちが時折、足をとられそうになりながら慎重に歩いていました。

新潟交通によりますと雪の影響で路線バスに遅れが出ていて、新潟駅前のバス乗り場では多くの人たちが列を作りました。

14歳の女子中学生は「ふだんはバスで通学していますが、遅れているので歩いて登校します。学校までたどり着けるか心配です」と話していました。

一方、新潟市中央区にある印刷会社では12日朝、連休が明けて出勤した、およそ30人の社員が除雪作業に追われていました。

敷地の駐車場では営業用の車が雪に埋もれた状態となっていて、スコップを使って雪をかき出したり、思うように発進できない車を数人かがりで押し出したりしていました。

印刷会社の女性は「連休中、業者に除雪作業をお願いしましたが、ほかの依頼でいっぱいで来てもらえません。取引先と約束がある社員もいるので、急いで雪かきをして車を使えるようにしたいです」と話していました。
富山市を流れる神通川にかかる富山大橋の午前7時半ごろの様子です。

通勤などで富山市中心部に向かう車が渋滞で数珠つなぎになっています。

路面電車の線路は雪で埋まり、一部の区間で運転を取りやめているためふだんより歩いて職場などに向かう人が多くなっています。
幹線道路でも除雪が進んでいないところがあります。

富山市内の旧安野屋小学校の前の通りでは、雪でデコボコになった道路をハンドルを取られないよう気をつけながら、慎重に走る車が多く見られました。