先進技術の軍事転用 情報収集 防衛省 新ポスト設置へ

AI=人工知能など先進技術の軍事転用に関する情報収集を進めるため、防衛省は、ことし4月にも専門の新たなポストを設けることにしています。

AIなどの先進技術をめぐっては、中国が軍事力に反映させるため、国家戦略として「軍民融合」を進めるなど、将来の安全保障に大きな影響を与えるとみられています。

こうした状況を念頭に、防衛省は先進技術の軍事転用に関する情報収集を進めるため、ことし4月にも経済安全保障情報企画官という専門の新たなポストを設けることにしています。

また、先進技術やそれに関連する情報が海外に流出するのを防ぐねらいもあるということです。

防衛省は「海外では、AIなどの民間の技術が軍事に転用されるケースがあるため、情報を収集したり分析したりする能力の強化が安全保障上、極めて重要だ」と話しています。