大相撲初場所2日目 貴景勝 「綱とり」にむけて痛い連敗

大相撲初場所は2日目、横綱昇進がかかる大関・貴景勝は前頭筆頭の大栄翔に敗れました。「綱とり」にむけて初日から痛い連敗です。

中入り後の勝敗です。

明瀬山に十両の松鳳山は明瀬山が小手投げ。

琴ノ若に佐田の海は琴ノ若が寄り切り。

新入幕の翠富士に豊山は翠富士が肩透かし。

豊昇龍に逸ノ城は逸ノ城が寄り倒し。

照強に天空海は天空海が引き落とし。

琴恵光に志摩ノ海は志摩ノ海が押し出し。

碧山に徳勝龍は碧山がはたき込み。

霧馬山に妙義龍は霧馬山が肩透かし。

翔猿に竜電は翔猿が押し出し。

輝に明生は明生が押し出しで勝ちました。

隠岐の海に栃ノ心は隠岐の海が寄り切り。

玉鷲に遠藤は遠藤がはたき込みで勝ちました。

御嶽海に宝富士は宝富士が寄り切り。

阿武咲に関脇・照ノ富士は阿武咲が寄り切り。

関脇・隆の勝に琴勝峰は隆の勝が押し出し。

大栄翔に大関・貴景勝は大栄翔がはたき込みで勝ちました。

貴景勝は綱とりにむけて初日から痛い連敗です。

北勝富士に角番の大関・朝乃山は朝乃山がすくい投げ。

同じく角番の大関・正代に高安は正代が寄り倒しで勝ちました。

錦戸審判長「後半戦 勝てば印象も変わってくる」

初場所2日目、幕内後半の錦戸審判長は、貴景勝が「綱とり」の場所で連敗したことを受けて横綱昇進にむけては「かなり厳しいのではないか」と見解を示した上で「とりあえず今の時点では何も言えない。まだ終わったわけではないので。後半戦へ勝っていけば印象も変わってくるだろう。まずは立て直さないといけない」と話しました。

黒星を喫した11日の一番については「立ち合いに思い切りがないように見えた。押し相撲なのでもう少し踏み込まないとダメだ」と指摘していました。