オーストラリア メルボルン 住宅火災で日本人母子4人死亡か

オーストラリアのメルボルンで住宅が焼ける火事があり、母親と3人の子どもが亡くなりました。地元メディアは、亡くなったのは日本人の親子だと伝えていて、警察などが火が出た原因を調べています。

オーストラリア第2の都市メルボルンで10日午前1時半ごろ、2階建ての住宅から火が出て、警察によりますと、この家に住んでいた38歳の女性と、8歳と6歳と3歳の女の子、合わせて4人が死亡したということです。

この火事について地元メディアは、亡くなったのは奈良市出身の日本人の女性と、娘3人だと伝えています。

また、警察によりますと、この火事で50歳の男性が病院に搬送されたということです。

現場では、1階にあるガレージが特に激しく燃えていたということで、警察などが火が出た原因を調べています。

メルボルンにある日本総領事館は、日本にいる家族の希望で、亡くなった4人の氏名や年齢など詳しいことは明らかにできないとしたうえで「現地当局からの情報収集と遺族への支援に努めている」とコメントしています。