高校サッカー選手権 山梨学院が青森山田に勝ち2回目の優勝

11日、さいたま市で行われた全国高校サッカー選手権の決勝で山梨学院と青森山田高校が対戦し、山梨学院がペナルティーキック戦を制して11大会ぶり2回目の優勝を果たしました。

首都圏の1都3県に出された緊急事態宣言を受けてさいたま市の埼玉スタジアムで行われた全国高校サッカー選手権の決勝は無観客に切り替えられて行われました。

試合は前半12分に山梨学院がカウンターで守備の隙を突いてフリーでボールを受けた広澤灯喜選手が低い弾道のミドルシュートを決めて先制しました。

一方、青森山田は後半12分、ゴールキーパーがはじいたこぼれ球をキャプテンでJ1、浦和レッズへの入団が内定している藤原優大選手が押し込んで同点に追いつきました。

さらにその6分後、3年生の安斎颯馬選手が今大会5点目となるゴールで逆転しましたが山梨学院も33分に野田武瑠選手のシュートで同点に追いつき、試合は2対2で延長戦へと入りました。

延長戦では両チームとも無得点で試合はペナルティーキック戦にまでもつれました。

ペナルティーキック戦では山梨学院のゴールキーパーでキャプテンの熊倉匠選手が中学生時代のチームメートだった青森山田の安斎選手のシュートを止めて主導権を握り、山梨学院が4対2で制して11大会ぶり2回目の優勝を果たしました。

青森山田は2大会連続の準優勝となりました。