台湾 新パスポートの表記「TAIWAN」を大きく「CHINA」は小さく

台湾の外交部は、海外で台湾の人たちが中国籍と誤解されるのを避けるため、「TAIWAN」という文字を大きく表記した新しいパスポートを導入し、申請の受け付けを11日から始めました。

台湾の外交部がこれまで発行していたパスポートの表紙には、アルファベットで「REPUBLIC OF CHINA」と「TAIWAN」がほぼ同じ大きさで記されています。

新しいパスポートは「CHINA」の文字が小さくなった一方、「TAIWAN」は大きくなり、字体も太くされました。
新型コロナウイルスの感染が世界的に広がって以降、台湾の人たちから外交部に「海外で中国籍と誤解された」という声が多数寄せられたということで、呉 外交部長は「台湾のパスポートだと識別されやすくなった」と述べました。
また、台湾の航空会社チャイナエアラインは、先月から導入した新しい貨物機の塗装を変更し、「貨物」を表す「CARGO」の頭文字のCの中に、台湾の島の形が描かれたデザインを採用しました。

台湾当局は80を超える国に合わせて5000万個以上のマスクを贈りましたが、台湾メディアは、運んだ貨物機を見て中国から贈られたと相手国が誤解することもあったと伝えています。