福井県内 大雪で3人死亡 少なくとも64人けが(NHKまとめ)

NHKが警察や消防に取材したところ、今回の大雪で福井県内では、除雪作業中に倒れるなどして3人が死亡したほか、作業中にけがをしたり渋滞に巻き込まれて体調不良を訴えたりして、少なくとも64人が病院に搬送されています。

警察や消防によりますと、10日、福井市の70代の女性が除雪作業中に倒れて死亡したほか、大野市で60代の男性が自宅の敷地内の雪の中で意識のない状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されるなど今回の大雪でこれまでに3人が死亡しています。

また、10日午後1時すぎには北陸自動車道の福井インターチェンジと福井北インターチェンジの間で立往生に巻き込まれていたドライバーの50代の男性が腹痛を訴えて病院に搬送されました。

さらに11日未明には坂井市丸岡町で国道8号線の渋滞に巻き込まれた50代のトラック運転手の男性が体調不良を訴えて病院に搬送されたということです。

あわら市や勝山市など、嶺北地域を中心に除雪作業中などにけがをしたり体調不良を訴えたりするケースも相次ぎ、これまでに福井県内で少なくとも64人が病院に搬送されています。