松山英樹 スコア5つ伸ばすも最下位で終了 男子ゴルフ 米ツアー

男子ゴルフのアメリカツアーのことし最初の大会は10日、ハワイ州で最終ラウンドが行われ、松山英樹選手はスコアを5つ伸ばし、通算4アンダーとしましたが、順位は最下位タイの41位でした。

この大会は、去年のツアー優勝者や昨シーズンのポイントが上位の合わせて42人が出場しました。

日本選手でただ一人出場した松山選手は最下位の42位で最終ラウンドをスタートし、前半の5番で、この大会で初めてのイーグルを奪いました。

後半も12番から4ホール連続でバーディーを奪うなど苦しんできたパットがよく決まり、最終ラウンドはイーグル1つ、バーティー6つ、ボギー3つでスコアを5つ伸ばしました。

松山選手は通算4アンダーでホールアウトしましたが、順位は最下位タイの41位でした。

松山選手は「スコアはようやく普通になった。イーグルパットが入ってすごくうれしかった。今週は全くいいところがなかったが、最終ラウンドでパターの芯に当たったところは来週につながる」と話していました。

初日から首位に立っていたアメリカのハリス・イングリッシュ選手がチリのホアキン・ニーマン選手と通算25アンダーで並びましたが、プレーオフの結果、イングリッシュ選手が8年ぶりとなるツアー通算3勝目をあげました。