千葉 いすみ市の養鶏場で鳥インフルエンザ検出 県内2例目

千葉県は、いすみ市の新たな養鶏場のニワトリから県内で2例目となる鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表し、114万羽余りの殺処分を行うことにしています。この冬、千葉県内で鳥インフルエンザが確認されたのは、先月以来です。

10日、いすみ市にある養鶏場の同じ建物内でニワトリ5羽が死んでいるのが見つかり、県が遺伝子検査を行った結果、11日朝、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて、県は11日からこの養鶏場のニワトリ114万羽余りの殺処分を始めるとともに、自衛隊に災害派遣を要請することにしています。

県は、この養鶏場を中心に半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域から外へのニワトリや卵の搬出を禁止する「搬出制限区域」に指定するとともに、周辺地域で畜産関係の車両の消毒を行っています。

この冬、千葉県内では、同じいすみ市内の近くの養鶏場で先月初めて鳥インフルエンザが確認され、110万羽余りのニワトリを埋めるなどの防疫措置が進められています。