除雪作業中に屋根から転落 78歳男性死亡 青森 弘前

10日、青森県弘前市で小屋の屋根に登って除雪作業をしていた男性が転落し、死亡しました。

10日正午すぎ、青森県弘前市八幡に住む佐藤勝正さん(78)が、除雪作業中に転落したと家族から消防に通報がありました。

佐藤さんは病院に運ばれましたが、全身を強く打っていて、およそ1時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、佐藤さんは10日の朝から家族2人とともに除雪作業を行い、小屋の屋根に登って1人で雪を下ろしていたときに転落したということです。

屋根は2メートルほどの高さで、佐藤さんはヘルメットや命綱はつけていなかったということです。

警察は、除雪作業を行う際はヘルメットや命綱をつけたうえで、複数の人で互いの安全を確認しながら行うよう呼びかけています。