富山 東海北陸道の立往生 10日夜遅くに解消

大雪の影響で、一時およそ200台の立往生が起きた富山県の東海北陸自動車道は、災害派遣要請を受けた自衛隊による救助活動などが進み、10日夜遅く、立往生が解消されました。

中日本高速道路によりますと、9日の午後3時ごろ、富山県南砺市の東海北陸自動車道の南砺スマートインターチェンジ付近で大雪により大型トラックが動けなくなりました。

これをきっかけに、東海北陸自動車道の上り線は、富山県の小矢部砺波ジャンクションから福光インターチェンジまでの10キロ余りの区間で、一時およそ200台の車が立往生しました。

その後、富山県から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊や警察の機動隊、それに北陸地方整備局などが、除雪作業や動けなくなった車のけん引などを行い、立往生は10日午後10時ごろ、すべて解消されたということです。

これを受けて、陸上自衛隊も11日午前0時半に活動を終了したということです。