北陸や新潟 11日朝にかけ断続的に雪 除雪困難な積雪のおそれ

新潟県や北陸では記録的な大雪となっていて、11日の朝にかけて断続的に雪が降り、除雪が困難な積雪となるおそれがあります。不要不急の外出を控え、積雪や路面凍結による交通への影響に警戒してください。また日中は気温が上がるため除雪作業中の事故や屋根からの落雪、雪崩などに十分注意してください。

気象庁によりますと、強い冬型の気圧配置と非常に強い寒気の影響で日本海側を中心に雪が降り、特に、北陸や新潟県などでは短時間に一気に雪が積もり、記録的な大雪となっています。

北陸中心に積雪増える

10日午後11時の積雪は、
▽新潟県上越市で2メートル26センチ、
▽富山市で1メートル14センチ、
▽福井市で1メートル2センチ、
▽金沢市で59センチなどとなっています。

積雪の深さは、新潟県と富山県、石川県、福井県のほとんどの観測点で平年の2倍以上となっています。

朝にかけて雪強まる

新潟県と北陸では11日の朝にかけて断続的に雪が強まり、除雪が困難な積雪となるおそれがあります。

11日夕方までの24時間に降る雪の量は、
いずれも山沿いの多いところで、
▽新潟県で60センチ、
▽石川県で50センチ、
▽富山県で45センチ、
▽福井県で30センチで、
平地の多いところでは、
▽新潟県で60センチ、
▽石川県で30センチ、
▽富山県で25センチ、
▽福井県で15センチとなっています。

また、11日の日中は気温が上がり、最高気温は、記録的な積雪となっている福井市で5度、富山市で3度などと予想され屋根からの落雪や雪崩が起きやすくなるおそれがあります。

交通影響に警戒 除雪中の事故に注意

気象庁は、不要不急の外出を控えて積雪や路面の凍結による交通への影響に警戒し、屋根からの落雪や雪崩、着雪による停電にも注意するよう呼びかけています。

積雪が多くなっている地域では除雪作業中の事故が相次いでいます。

雪下ろしなどの除雪作業は、必ず2人以上で行い、雪が落ちてくる可能性がある軒下は通らないようにするなど、十分注意してください。

また、積雪や路面の凍結による転倒事故にも十分注意してください。

記録的な大雪「48時間降雪量」記録更新した観測点

新潟県と北陸では各地で記録的な大雪となっています。

新潟県上越市では、午前2時までの48時間に降った雪の量が1メートル60センチ、
新潟県糸魚川市能生では、午前6時までの48時間に降った雪の量が1メートル43センチ、
富山市では、午前1時までの48時間に降った雪の量が88センチで、いずれも観測史上1位となっています。

「72時間降雪量」記録更新した観測点

新潟県上越市では、午後2時までの72時間に降った雪の量が1メートル87センチ、
新潟県糸魚川市能生では、午後2時までの72時間に降った雪の量が1メートル71センチ、
富山市では正午までの72時間に降った雪の量が1メートル20センチ、
富山県砺波市では、
午前11時までの72時間に降った雪の量が1メートル38センチ、などといずれも観測史上1位となっています。